家財 引越し 格安

家財の引越しを格安にする方法

家財 引越し

家財 宅配 引越し

家財 配送 引越し

家財 のみ 引越し

 

近距離や荷物が少ない引越しの場合、家財だけを運んで欲しいという依頼は結構多いのです。

 

そのため引越し業者は家財だけを運ぶサービスを行っているところが多いです。
すべての荷物を運んでもらうよりも、引越し費用が安くなるので人気があります。

 

さらにもっと引越し費用を安くしたいなら、複数の業者から見積もりを取る必要があります。
費用を比較しなければ、どこが1番安いかはわかりません。

 

引越し業者一括見積もりをすれば、簡単に複数の業者からの見積もりを取ることが出来ます。

 

家財 引越し

 

もちろん家財だけ運んで欲しいという依頼も一括見積もり可能です。

 

便利で簡単なので、ぜひご活用ください。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

 

引越しにはお金がかかります

 

軽トラックを借りて、自分で引越しすれば安くなるのでは?と考えてしまいますね。

 

引越し 軽トラ

 

軽トラックのレンタル料は12時間で5000〜8000円、24時間で7000〜10000円でした。
さらに、返すときにガソリンを満タンにしなければなりません。

 

ということは、軽トラックを借りて引越しをした場合でも、10000〜20000円の経費がかかります。
金額だけで言うと、確かに引越し業者より安いと言えます!

 

素人では荷物を沢山乗せる技術がないため、近距離にもかかわらず5回も往復することになりました。
結論を言いますと、軽トラックを借りての引越しは「近距離で荷物が少ない、手伝ってくれる人がいる、物件に段差がない場合」ということになります。

 

それ以外の方は引越し業者に依頼するのがオススメです1!

 

もし安く引越しできる業者をお探しでしたら、引越し一括見積もりサイトがオススメです。

 

同じ荷物の量で見積もりを取るのに、そんなに金額に差があるのかと思われるでしょうが、結構差が出るのです。
あなたのお住いの地域にある、大手引越し業者から小さい引越し業者まで.一度に見積もりを取ることが出来る便利なサイトです。

 

ぜひ、ご活用ください!

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの時はすることが非常に多いので、おおまかな手順を先に知っておくのがオススメです。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家もしくは管理会社への退去連絡して、駐車場の解約も行う。
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約する。
・引越しの希望日を決めて、複数の引越し業者に相見積もりを取って引越し業者を選ぶ。

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものからどんどん荷造りする。
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止など役所関係の書類を提出する。
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道、ネットなどのインフラの停止手続きを行う。
・郵便物の転送手続きをする。

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。
・新居への移動方法を確認する。
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認をしておく。
・荷解きと整頓をする。
・新居こ゛近所へ挨拶する。

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続きをする。
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更をする。

 

まず引越しが決まったら管理会社や大家さんに退去することを伝えてください。

 

次は引越し業者ですが、新居が決まってからでないと引越し費用の算出ができません。
なので、まずは新居探しをして決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼して比較し、一番良さそうな業者と契約もしておきましょう。

 

不用品や粗大ゴミを新居に運ぶのにも費用がかかりますから、引越し前に処分しましょう。
不用品を処分するのは時間がかかるので、早めに取り掛かってください。

 

役所関係の書類の提出、電気やガスなどのインフラの停止と精算、郵便物の転送届を提出したら、いよいよ引越し当日です。

 

当日は引越しスタッフに運搬はおまかせして、あなたは家財の配置を指示してあげてくださいね。
引越し業者が運ぶことが出来ないものがあります。

 

貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影などは自分で管理しましょう。

 

引越ししたら作業の合間をぬって、ご近所へ挨拶に行ってください。

 

転入届(市外引越し)か転居届(市内引越し)のいずれかを新居に最寄りの市町村役場に提出します。

 

あとは銀行や運転免許証など住所変更が必要なもののを変更すれば、だいたいの作業が完了です。